So-net無料ブログ作成
検索選択

駄文 [音楽]

今さらながら、
「齊藤和義、凄いなぁ」
と思う。

でも、宮本くんに同じことを望んではいない。
宮本くんの歌は私の元気の源。メッセージあるんだかないんだか。
ただの酔っぱらいの戯言みたいのもあるけど、それ聴いていると笑顔になれるから。
それで良い。

でも斉藤和義すげえ。自分のヒット曲でねぇ、ギターも上手いしねぇ、足も長いしねぇ。
カッコイイ!
と、You Tubeを見ながら涙してしまった。

さ、仕事に戻るぞ!



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

45歳、丙午。 [音楽]

吉井和哉、エレファントカシマシ、トータス松本斉藤和義…。

いっぱい丙午ミュージシャンがいますが。

結構RCに刺激を受けている人達が多いような。

今日は、斉藤君の存在にびっくりしてしまいました。

昔の楽曲 [音楽]

エレファントカシマシばっかりしか聴いている私ですが、
昔の歌謡曲は凄くよく覚えていて、とくに原田知世の楽曲が大好きです。最初に好きになったのは「地下鉄のザジ」。何度も何度も聴いた。でも彼女のデビュー曲の「悲しいくらいほんとの話」も変わった曲で気になっていた。他にもいっぱい良い曲あるんだよなぁ。
んで、
「原田知世 シングルコレクション '82〜'88」
これ、欲しいなぁ。どっかに新品売っていないかしら。



甘くないヤツ! [音楽]

昨日急に頭脳警察を観に行くことになった。
対バンは遠藤ミチロウ、戸川純、黒猫チェルシー
あまりに濃いメンツの中、頭脳警察はトリでした。
猫は若者らしく一番でしたが、その若さを全く忘れさせる頭脳警察。
すげい。
頭脳警察だけ聴いている大ファンにとっては、最近の曲に不満はあるかもしれない。
けどねぇ、やっぱり圧倒的な言葉のパワー歌のパワー演奏のパワー!!!
言葉が胸にグサグサ刺さる、そんなのを最近エレファントカシマシでは感じられない。
ライブは古い曲でエネルギーを大放出してるから、それに満足しちゃってるけど、やっぱり新しい曲でグサグサ刺さりたい。

あぁ、PANTAを見ると、どうしてか、感動の後に寂しさが訪れる。それは、やっぱりエレファントカシマシを思うからなんだ。
私はエレファントカシマシの大ファンだから、エレファントカシマシでも、この感覚を味わいたい[もうやだ~(悲しい顔)]

ん〜、でもPANTAだって、若い頃はいろいろとファンの翻弄させたんだろうから、エレファントカシマシも今はこれで良いのかな。
どうなの?

よそ者 [音楽]

2008年10月のチャボ・バースデーライブでエレファントカシマシは「よそ者」を演奏した。
人の曲を唄っても自分らしく唄う宮本君なのに、この曲だけは、清志郎風だった。
あの日は、チャボと泉谷、そしてエレファントカシマシの出演だったけど、
ずっと心に清志郎がいた。いっぱい泣いた日。
相棒を、仲間を、先輩を、大好きな人を失うのは辛いよね…。

http://kashimashi.blog.so-net.ne.jp/2008-10-12

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

頭脳警察 [音楽]

頭脳警察は来年40周年だと。
私がまだちゃんと話せない時から、活動してるんだって。
すごいね。

果たしてエレファントカシマシに40周年まで存続しているのか!?
してて欲しいね。
取りあえず、死なないであと20年近く頑張れば良いのだから、20年なんてあっという間だからさ。
宜しくお願いします。

Free [音楽]

ひっさしぶりに音楽を聴いた。それもエレファントカシマシじゃなく、イギリスのバンド、FREE
なんか、Amazonからライブ盤が紙ジャケで再リリースって情報が来たので、聴きたくなった。
Voポールロジャースの声が私は大好き。
そして、オリジナルメンバーの演奏も大好き。
4人しかいないのに、すごいよな。
私の好きなバンドは4人が多い。3人のバンドも良いけど、私のベストは4人バンドだな。

フリー・ライヴ+7(紙ジャケット仕様)

フリー・ライヴ+7(紙ジャケット仕様)




泉谷しげるとエレファントカシマシ [音楽]

初めてエレファントカシマシの「土手」を聴いた時、泉谷しげるの「土曜の夜君と帰る」を思い出した。
初めて泉谷しげるの「時よ止まれ 君は美しい!」(だったかな)を聴いた時、「Baby自転車」を思い出した。
両方、前奏だけ、聴いたら“ん?”って思ったの、一瞬。

今回のライブで「It's my life」の前奏、RCの「雨あがり」みた〜いと思って笑った。
これは石君のアクションのせいもある。CDで聴いてた時はまったくそんな風に感じなかったもの。ライブで聴いたら好きになったな、「It's my life」。

ま、でもトータルで言ったら、チャボに一番近い気がする。
特に、「部屋」「地元のダンナ」。だけど、これは言い出したら切りがないです。そういうのもひっくるめた上で、エレファントカシマシという個性が大好きな私です。

目が覚めたら [音楽]

「雨あがりの夜空に」がずっと頭の中で鳴っていた。
あぁ、余韻冷めない。

チャボのオススメアルバムは、「絵」。
泉谷も大好きと言ってたけどね。

絵







泉谷はやっぱりニューアルバムかな。


すべて時代のせいにして プレミアムセット(DVD付)

すべて時代のせいにして プレミアムセット(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2008/10/01
  • メディア: CD



今、エレファントカシマシのファーストアルバムを聴いてます。当時は清志郎そっくりだと思った宮本のボーカルも、今となっては、似てるとは思わない。が、昨日の「よそ者」はやっぱり近いと思った。そして、チャボが唄ってくれた「冬の朝」。出て来る単語のせいかな、やっぱりRCはエレファントカシマシの成分として60%くらいは占めているような気がしました。

エレファントカシマシ以外 [音楽]

最近は、本当にエレファントカシマシ以外の音楽は聴かなくなってしまった。
が、ときどき昔好きだった音楽の話で盛り上がる事もある。
んで、この間、このバンドの話で盛り上がった。
ジョージア・サテライツ。
このバンドのCDは3枚くらいしかもってないけど、いつ聴いても笑顔になれる。
笑いたい人にオススメ


ジョージア・サテライツ

ジョージア・サテライツ




オープン・オール・ナイト

オープン・オール・ナイト

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン
  • 発売日: 1988/07/25
  • メディア: CD



レット・イット・ロック

レット・イット・ロック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1989/02/23
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る